猫用ペットフードに穀物はいらない?

猫の大好物をイメージした時、魚を思い浮かべる人は少なくないでしょう。一方犬は肉が大好物というイメージがありますが、実は犬も猫も肉食動物ですから、ペットフードを選ぶ時は、肉食動物であることを意識して選ぶのが大切です。

どこでペットフードを購入するかによっても、内容は変わってきます。ホームセンターなど量販店に行くと、安いペットフードが山積みになっているのを見かけます。たくさん入っていてお得感がありますし、何より安価だからコスパの良さが魅力的です。しかしこういう安価のペットフードには注意が必要です。猫の主食となるわけですから、1日あたりに食べる量はそれほど多くないにしても、毎日となればペットフード代も馬鹿になりません。

猫もワクチンなど病気予防が必要ですから、毎年病気予防にかかる費用も用意しておかないといけません。病気やケガをすれば、動物病院は保険が利かないので全て自己負担になります。猫を飼うにしてもお金がかかるので、できるだけペットフードの費用を抑えたいとなる傾向があります。

しかし安価なペットフードは、コストを抑えるために穀物を多く使用し、かさ増しをしています。猫は本来肉食動物ですから、穀物の消化は苦手です。穀物が多く含まれるキャットフードは、目に見ないところで猫の体に負担をかけてしまいます。キャットフードを選ぶ時は猫の健康を考え、できるだけ穀物を使用していない、高品質な物を選びましょう。

Pocket