猫は肉食動物

肉食動物というと、ライオンやトラをイメージします。しかしライオンやトラは、ネコ科の動物ですから、先祖は猫と同じです。ただ大型か小型かの違いだけですから、ネコ科である以上体の構造などは肉食動物として考えるのが自然です。

とは言っても実際に生活する環境が違うので、ペットの猫に生肉を食べさせるというわけにも行きません。ペットとして飼われている猫の主食は、キャットフードです。ペットフード売り場に行くと、どれにしていいかわからないくらいたくさんの種類があります。メーカーにより原料やこだわりも違うので、飼い主が良いと思う物を選びます。

この時猫が肉食動物だということを意識して、キャットフードを選ぶことが大切です。魚を好むイメージが強いので、魚を使用した物に目がいってしまいがちです。しかし安価なキャットフードは、魚を使用していても中身はほとんど穀物というケースが多いです。魚は本の香り付け程度にしか使われていない物も多いので、これでは肉食動物の猫に必要なタンパク質が不足してしまいます。

さらに猫が消化を苦手とする穀物が多いキャットフードは、体に負担をかけます。穀物を使用しない物か、使用量の少ない物を選びましょう。

Pocket